よくある質問

どうして自我に気がつき続けるんですか?

まず、多くの人は記憶に縛られて生きています。目の前の現実に対して悩んだり、考えたりするってことは、記憶から情報を引っ張ってきている状態です。それは、自分ではないという認識になるためです。


記憶に囚われいるってこと、は現実を見てる時もありのままではなく、価値観で見てるってことですか?

そうですよ。現実とは記憶の再生なんですね。記憶とは本当は曖昧なものなんですが、多くの人が記憶は本物だと信じきっています。


どうして、記憶を本物だと信じきっているんですか?

時間が存在して年齢を重ねていると思ってるからです。そして時間が経つにつれて死ぬと信じているので、私は有限であると決め込んでいるからですね。


じゃあ私たちは有限ではなく、無限ということですか?

そうですよ。でも多くの人が無限ですといわれても、頭で理解しますが、受け入れないんですよ(笑)


どうしてですか?

記憶や自我に囚われている忘我(ぼうが)になってる時間が長いからですよ。


忘我って何ですかね?

意識的ではなく無意識状態で過ごしていることを忘我というんだよ。


自我に気がつき続けるほど、現実は変わっていくんですか?

あなたは現実が変わっていくから気がつき続けると言う条件があるんですね。気がついてれば、現実が変わる。これこそ因果関係の思考ですね。

自我に気がつき続けことで「奇跡が起きる」、「何かが変わる」なんて思ってなくて良いですよ。駄目でもともとだという気持ちでやってる方が楽しいよ。だって努力とかこだわりでやるのは、達成感とか優越感が欲しいからでしょう。


努力とかこだわりでやるとどうなるんですか?

例えば、金魚の観賞会に行ったとき、あなたは、努力して金魚を見て、達成感や優越感を得ようとしますか? しませんよね。それどころか、ただ金魚を見て「綺麗だな、大きいな、小さいな」って感じで見てるでしょ。しかも、そのときに出て来た思いに対して「こんな事を思ってはならない」とか思わないでしょう。ただありのままで、そのときに思ったことを見てるだけでしょ。そこに努力やこだわりってある?

全くないでしょう。

そもそも人生を好転させたいから、気がついていくってこkとは、好転していない人生という前提になってるからね。


本当に気がつくだけでいいんですね。

そうだよ。現実とは記憶の再生みたいなものだから、終わったことを再生してるに過ぎない。超シンプルなんだけど、「ぜーんぶ自我」ということだよ。例外はないよ。親とか身内、良い思考や出来事は違う、だなんてやってる間は気がつけないかもな。


過去に自己啓発とかやって努力とかしちゃたとかはどうなんですか?

「努力しないと報われない」「私は報われてはならない」という価値観があるから、周囲からも努力家のように見られ尊敬されたりされると、なんでもこだわりと努力を結びつけるから、自己流になっちゃうよね。


自我に気がつき続けるだけって奥が深いですね。

そう思ってるのはあなたの自我だよ(笑) 複雑に見えるのは価値観で聞いてるから。本当はものすごいシンプルなことだよ。

ページの先頭へ