心極み道No.1 コラム

辻褄合わせは自我の大好物

○○だから△△だ!

疑問があるから答えがある
そう思いますか?

これは逆なんですよ。

答えがあるから疑問がある

本当の自分からすると、答えはすでにあるんです。
ではなぜ疑問を持つのでしょう?

自我は辻褄合わせが大好きだからです。


疑問を持つと思考し始めますよね?

○○だから△△なのかな?
とか
わかった!○○の答えが△△だ!
って思考は楽しみますよね。
これは自我に餌をやっているのと同じです。


自我からすると、

もっと思考して!
もっと色々なことに疑問を持って!
と大喜びです。

答えを知りたいのにわからない…
それはそうです。

思考に答えはありません!

本当の自分に委ねて、待っていたら答えなんて勝手にやってくるのです。

実にシンプルです。


答えがない、ない、みつからないとやっているのは明らかに自我だということです。
なぜ本当の自分に委ねられないのでしょうか?

思考ラブ、現実ラブでも良いのです。
ですが、そこで思考を採用して一喜一憂、刺激大好き! 
というのは、分離しているというだけのことです。
統合しようが、分離しようがどちらでも良いのです。


これをやってね! と投げられたときに、これはどんな意味があるのだろう? とかこれはなんのためにやるのか? とか疑問を持たずに、はい! わかりました! と受け取ることができる人は、思考を介入しない分、統合が早いのかもしれませんね。

これ、わかりますか?




ページの先頭へ